Google口コミ★4.9の東京都世田谷区&港区のかけっこ教室陸上アカデミアがお届けする「使える!役立つ!」速く走るための総合情報サイト

緊張に打ち勝つには練習を本番以上の緊張感で取り組むしか方法はない

  
\ この記事を共有 /
緊張に打ち勝つには練習を本番以上の緊張感で取り組むしか方法はない

毎日更新をしている陸アカブログですが、ちょっと今日は恐ろしく体調が悪いので短く済まさせていただきます。

もうすぐ5月運動会の子達は運動会ですね。
陸上アカデミアに来ている子も速い子、今から速くなりたい子、速くなっている最中の子それぞれいます。

先日土曜日のレッスンで引率に来ていたお父さんとそんな話をしたのですが、子供がもうすぐ運動会です。
その子は学年でもトップレベルに足が速いのですがものすごい緊張しいで、普通に走れば勝てるのに以上に心配&緊張してしまいます。

これはテクニックというより原理的な話なのですが、緊張をしなくなる方法があります。
どうするかというと、緊張というのは実力以上の力に見せようとしたときに起こります。

80の実力を100に見せようとすると足りない20が緊張になり、40の実力を100に見せようとすると、足りない60が緊張になります。
仮に大人が九九のテストを受けるとしても全く緊張しないですよね?
でも同じテストでも九九を習い終わったばかりの小2生はものすごく緊張すると思います。
理由は自分の実力がわからないから。

これを克服するには、

  • 何度も練習をする
  • その練習を本番以上の緊張感で行う

この2つしかありません。

特に大切なのが2で、みんな練習だからと思って手を抜きます。
抜いてるつもりがない子もいますが、大抵は無意識のうちに緊張感(危機感と言い換えても)が欠如します。

これはコーチとしてではなくてアスリートとしての僕の意見ですが、本番で練習以上の結果を出すことはできないです。
にも関わらず中途半端な練習しかしない子は、本番では練習通りに物事が進むことは100%ないので
本番で100の力を発揮したいのに練習では緊張感のなさから80のパフォーマンスになり、本番は練習にはないストレスに晒され、その影響により80から更にパフォーマンスが下がり、結果的に60程度のパフォーマンスになり、「練習の半分しか力を発揮できなかった」ということになるのです。

なので、「練習は本番のように緊張感を持って臨み、本番は練習のように緊張感を落として臨む」という姿勢が大切なのです。

余談ですが冒頭の男の子は当然学年でもトップレベルなので足は速いのですが、僕は慢心させないように少し高めの目標を設定しています。
それは練習を本番のように行い緊張感の高い状態で行う意味もありますが、できるからこそより高いレベルに挑戦していかないと、あっという間に他の子が成長し追いつかれてしまうからです。

なので、自分が105%力を出せば達成できるくらいの位置に目標を達成してあげると、ひたすら成長することができ、ここぞというときにも力が発揮しやすいというお話でした。

 

今まで2000時間以上のレッスンを経て陸上アカデミアが培ってきた、小学生が速く走るためのノウハウの上澄み5%をぎゅぎゅっと凝縮して、極めて即効性のある動画を作成したので無料でお配りします。

子供が速く走る方法を探しているけど、よくわからない」と悩んでいませんか?

本動画は弊社がこれまで250名以上の小学生に走り方を指導してきた結果

・たった半年50mクラスビリ→学年トップ
全国20人
しか選ばれないサッカー南米強豪チームのユースに合格
日本で一番強いラグビースクールトライ連発取材される
徒競走で2位を10m以上
離し、「どんな習い事しているんですか?」と保護者が呼び出される

などの実績を出した、普通のかけっこ教室の先生も知らない具体的に走りを速くするためのスタートのコツを全125分の動画に渡って詳細に解説しています。

更にそのまますぐに練習に入れるように、全編の書き起こしPDFもお届けします。

完全無料で手に入れられますので、是非運動会他のスポーツで活躍するためにお役立てください。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©陸上アカデミアブログ,2022All Rights Reserved.