Google口コミ★4.9の東京都世田谷区&港区のかけっこ教室陸上アカデミアがお届けする「使える!役立つ!」速く走るための総合情報サイト

やる気を無くすような暴言を吐くコーチングはパフォーマンスを向上させる上で意味があるのか?

  
\ この記事を共有 /
やる気を無くすような暴言を吐くコーチングはパフォーマンスを向上させる上で...

こんにちは、陸上アカデミアの内川です。
今日はコーチの声掛けについてのお話です。

よく見られるやる気を削ぐ声掛け

先日レッスン前に準備をしていた段階で近くで行われていたマンツーマンのサッカーの練習において、

もっとしっかりしろよ!そんなんだから1対1勝てねーんだよ!

コーチ

という言葉を聞きました。

果たしてこうしたネガティブな掛け声に意味はあるのでしょうか?

特に球技に多いネガティブな声掛け

内川は年中~小6までサッカーをやっていたので、当時はそうしたネガティブな声掛けをされたこともかなりあります。

例えば

どこ狙って蹴ってんだよ!

コーチ

なんでいないんだよ!

コーチ

そんなんだから勝てないんだよ!

コーチ

といった内容ですね。

また、大学でも関東大会のアップ中に怪我をしてリレーに出れなくなった場合も、その旨を伝えに行ったら

お前、いいかげんにしろよ

コーチ

ということも言われました。

何に対していい加減にしろよなのか全く理解できませんでしたが、一体なぜコーチ達はこうした声かけを行うのでしょうか?それによってなにか良いことがあるのでしょうか?

基本的に発言に意味はない

結論からお話すると、こうしたコーチの発言に指導上のメリットはありません
というかむしろデメリットしかありません。

どういうことかというと、そもそもコーチとは「教える人」という意味ではないですからです。

そもそもコーチとはなにか?

僕は陸アカで新しいコーチの面接をする際に毎回この質問をしています。

コーチとティーチャーの違いはなーんだ?

内川

ぜひあなたも一緒に考えていただきたいなと思います。

内川が考えるコーチの定義

陸アカのコーチに立候補するには陸上競技の短距離・跳躍種目で全国大会出場以上の実績が求められます。
つまりこの質問に答える人は全員自身は陸上競技で高い実績を残しています。
そんな彼ら、彼女らの回答は以下のような者が多いです。

  • 結果を出すことができる人
  • 高度な内容を教えることができる人
  • 精神的なサポートもできる人

様々な回答ができますが、ここで追加のヒントを出します。

なるほど、そうしたら教える人としてはコーチとティーチャーがいるよね?それはどう違うだろう?

内川

このヒントを出すと全員なんとなく違いがあるのはわかるのですが、言語化できないという状況に落ち着きます。

まあこれは今から自分がなろうとしているコーチの正体について考えてもらうことに意味があるので、「この言語化できない状態」も目的は達成できています。

一応僕がコーチというものの正体について調べる前に自分で定義したものをお伝えします。

コーチとは、目的地に連れていける人

です。

つまり、「相手がたどり着きたい位置と現在地を明確に認識し、そのギャップを埋めるために必要な要素を見出し、その要素を順番に解決していける存在」です。

一方ティーチャー(教師)について。

教師が使うものに教科書があります。
教科書を使うという前提条件からして、教師は教えるものが決まっていることになります。

一方コーチはその相手によって目標、現在地、ギャップが異なるので、教えなければならない内容が異なります。
つまりコーチに教科書はないということです(コーチが知っておくべき教科書はあります)。

コーチの役割が

  1. 目的地と現在地の認識
  2. 要素の定義
  3. 要素の解決

としたときに、教師の役割は「3.要素の解決」のみです。
逆に教師が学習指導要領を無視して、好き勝手にカリキュラムを変えたら困りますよね?

なのでどちらが上ということではなく、ただ求められる役割が異なるということです。

ネットによるとコーチの定義は…

ちなみにこの記事を書く上で一応「コーチとは」と調べたら以下の定義が載っていました

人を目的地、つまりは「人をゴールまで連れて行ってくれる人」がコーチである。とすれば、コーチングとは人をゴールまで連れて行くことだ。

https://www.goalous.com/blog/ja/about-coach/

コーチは、知識や技術を教える人ではない。クライアント(コーチされる人)がゴール達成に対してマインド以外のすべての条件が整っているという前提に立って、クライアント自身でゴールに進むようにマインドへ積極的に訴えかけるアプローチをするのがコーチである。

https://www.goalous.com/blog/ja/about-coach/

僕なりに考えて実践していた定義はほぼ正解だったようです。

ここまででコーチの正体について見てきましたが、今回の本筋はそこではありません。
やる気を削ぐような声掛けは一体何を生むのかです。

やる気を削ぐ声掛けはコーチの仕事とは真逆の行為

冒頭でもお話しましたが、こうした声かけは何も生みません。
理由は

どこ狙って蹴ってんだよ!

コーチ

と言われて嬉しい気持ちになる人はいないからです。

選手にはネガティブな影響しか与えない

こうした声かけで一部やる気が上る人はいるかもしれません。
ただこれも健全なモチベーションではなく、

うるせーな、そんなこと言われなくてもわかってるよ、ぜってー見返してやる!!

選手

のような、反骨精神によるモチベーションです。

僕はこのモチベーションの上げ方は健全ではないと思っています。

理由として、この状態を一言で表すと「他人からバカにされないとやる気が上がらない状態」ということです。
つまり自分の強く、上手くなるためのモチベーションの出どころを他人に委ねてしまっています。

爆発的にヒットした漫画鬼滅の刃でも冨岡義勇が

生殺与奪の権を他人に握らせるな!!
鬼滅の刃Vol.1

と言っていましたが、まさにこれと同じです。

スポーツ選手にとって上手くなるとは、兵士が強くなることと同義です。
兵士では訓練をして強くなり敵をたくさん倒した者が称賛されます。
そして敵にやられないようにするために、自らを強化します。
そのモチベーションを自分以外の誰かに委ねてはいけないということは、スポーツにおいて上達のためのモチベーションを誰かに委ねてはいけないということです。

そんなモチベーションでいる選手と、常に自分の定めた目標を達成するためにひたすら思考と練習を繰り返す選手がいるならば、どちらが結果が出るかは火を見るより明らかです。

コーチングはプラレールを作るように行う

なので僕は生徒をけなすような声掛けはしませんし、逆に過度に褒めることもしません
唯一行うのは「目標の確認」と「定めた目標が達成できたかの確認」です。

いずれも確認となっているのは、「主役は子供だから」です。

こちらから一方通行で指示や説明を行うことはしません。
あくまで子供自身が答えを自分の口で言えるように導いてあげること。
ただ自分が思っている答えを口にさせるためには、事前に子供が進む思考のルートを決定しておかなければなりませんし、脱線したときのために早いうちに脱線ポイントを見抜くテクニックも必要です。

なので陸上アカデミアでのコーチングスタイルはさながらプラレールのルートづくりのようなものです。
子供は僕らが引いたレールの上で思考を進めるので、そこから脱線したらコーチの力量不足無事走りきれたら子供の達成感につながるということです。
そして走りきれたのであれば「自分で目標と課題設定を行い、それが無事達成できたことだけ」をありのまま称えてあげれば、それが子供に対して正のフィードバックとなり、次のサイクルにより気持ちよく入ることができます。

この「より気持ちよく次のサイクルに突入させてあげること」こそがコーチの真の役割です。
そこに貶したり怒鳴ったりといった要素はいりません。

正しいコーチの接し方とは伴走者

僕はコーチの理想のスタイルとは「ブラインドランナーの伴走者」だと思っています。

陸上競技場等で練習をしていると「視覚障害者」「伴走」という同じ色のビブスをつけた2人組を見かけることがあります。
これは目の見えない視覚障害を持ったランナーをサポートするために伴走者が一緒に走っているという構図です。

視覚障害の方は当然前が見えません、いつカーブが始まるのか、終わるのか、前に誰か走っているのか、後ろから誰か来るのか、誰かが横切ろうとしていないのか、今どれくらい走ったのかなど全てが見えません。
でも安心して走れるのは、伴走者が同じスピードで走り、自分が見えない部分を全て見通して完璧にサポートしてくれると信じているからです。

これが生徒とコーチの関係の完成形ではないでしょうか?

伴走者は実際に物理的にゴールまで連れて行きますが、コーチは時空的に連れて行きます。
コーチにはゴールと現在地と間にある障害や必要な能力が見通せています。
それを生徒にも視認可能な形にして伝え、その障害を超えるために必要な能力を手に入れさせるわけです。

なぜ貶したり怒鳴ったりするのか

ここまで読んでみて

どこ狙って蹴ってんだよ!

コーチ

というような貶したり怒鳴ったりするコーチングは全く意味がないどころかマイナスでしかないということにご納得いただけたかと思います。

するとこんな疑問が出てくるのではないでしょうか?

じゃあなんでそんなコーチばっかりなの?

保護者

それに対する内川の回答は

それは技術を教えることとコーチングは別の能力だから

内川

です。

できること・技術を教えること・コーチングは全て別の能力

「必ずしも良い選手が良い指導者ではない」ということはあなたも理解していただけていると思います。
どんなスポーツでも芸術でも、自分ができることとそれを他人に伝えることは別の能力ですよね?
大体の方がそこまでは理解しています。

ですが「教えられる能力」と「コーチングスキル」が別ということは意外と抜けている場合も多いです。
「教えられる能力」はその競技や分野に精通した固有能力です。
一方「コーチングスキル」は万物に共通した能力です。
この2つの能力がごっちゃになってるケースが多いです。

心理学的にハロー効果というのですが、1つに秀でていると人間的にも優れていると人は誤認します。

具体例をあげると、「サッカーを教えられる能力」は持っているけれど、「コーチングスキル」が伴わないと、少し前にネットを騒がせていた部活での暴力事件が起きたりします。
高校や大学の強豪校でああいう事件が起きるのは、その競技力を高めることはできるけれどコーチングスキルがない指導者が指導をしているからです。

確かにその人の元で練習をすれ競技力は向上するでしょうが、それ以外の大切なものは育まれないかもしれません。

ではそもそもなぜこういった指導者が出てきてしまうのでしょうか?

貶したり怒鳴ったりする理由は自己コントロール能力のなさ

結論は指導者が自分の感情のコントロールができないからです。
生徒や子供の出来を自分ごととして捉えているので、結果が出ないと生徒に当たり散らすわけですね。

おそらく自分が選手時代にそのように指導を受けてきて、嫌だったにも関わらず自分が逆の立場になったときに同じことをしているのだと思います。

精神的に未熟としか言えません。

僕は自分がそうした指導を受けてきて心底嫌だったので子供には同じ指導をしないように心がけていますし、他のコーチにもそのように伝えています。

なのでもし子供がそういった指導を受けているのであれば、目標に向かって詰める力は全く育まれないので、別のスクールや指導者を探してみても良いかもしれません。

まとめ

真のコーチとは相手を目的地まで連れていける人のこと。
伴走者のように子供を導いてくれる指導者を探せ!

 

今まで2000時間以上のレッスンを経て陸上アカデミアが培ってきた、小学生が速く走るためのノウハウの上澄み5%をぎゅぎゅっと凝縮して、極めて即効性のある動画を作成したので無料でお配りします。

子供が速く走る方法を探しているけど、よくわからない」と悩んでいませんか?

本動画は弊社がこれまで250名以上の小学生に走り方を指導してきた結果

・たった半年50mクラスビリ→学年トップ
全国20人
しか選ばれないサッカー南米強豪チームのユースに合格
日本で一番強いラグビースクールトライ連発取材される
徒競走で2位を10m以上
離し、「どんな習い事しているんですか?」と保護者が呼び出される

などの実績を出した、普通のかけっこ教室の先生も知らない具体的に走りを速くするためのスタートのコツを全125分の動画に渡って詳細に解説しています。

更にそのまますぐに練習に入れるように、全編の書き起こしPDFもお届けします。

完全無料で手に入れられますので、是非運動会他のスポーツで活躍するためにお役立てください。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©陸上アカデミアブログ,2022All Rights Reserved.