Google口コミ★4.9の東京都世田谷区&港区のかけっこ教室陸上アカデミアがお届けする「使える!役立つ!」速く走るための総合情報サイト

世田谷区二子玉川の走り方教室陸上アカデミアで4年間パーソナルレッスンを受けたラグビー兄弟とコーチのお父さんへのインタビュー

    
\ この記事を共有 /
世田谷区二子玉川の走り方教室陸上アカデミアで4年間パーソナルレッスンを受...

こんにちは、陸上アカデミアの内川です。
本日は実に4年もの間陸上アカデミアのパーソナルレッスンを受けていただいているラグビー兄弟にお話を伺ってきたのでその様子をご報告します。

当初と変わったこと、ラグビーへの影響、内川の人柄についてトコトン聞いてきました!
(30分のつもりが60分近く話しており、カメラのバッテリーが切れて最後は音声だけになっております)

前回のインタビュー2本はこちらです。

話者紹介

お父さん:学生時代は野球部(遠投70m)で今は某国内トップ(全国優勝するレベル)のラグビースクールのコーチ
兄:中3、2022年7月にニュージーランドへラグビー留学、キックは高校生と比較しても遜色ない
弟:中1、先日の神奈川県大会決勝で2トライを決め、新聞に取材されていた
内川:青
コーチ:緑

インタビュー動画

インタビュー書き起こし

イントロ

内川)ずっともう1対1で見させていただいているということで、お話をお伺いさせていただこうと思います。
ちょっとお父さんにも来ていただいたんですけど、2人はいろいろ聞いていきたいんだけど、どんなことをやってたかっていう前提条件として、ジョウは見てたのは何年前から?

兄:ジョウ君)僕は小6から見てもらったので4年ぐらいです

で、ショウもその時体験は来たんだよね?
でちょっと間あいて一緒にやりましょうってことで
で、2人ともラグビーをやっていて
お兄ちゃんが今中3、弟が中1
ラグビーを2人ともメインでやっているんですが
どれくらいからラグビーはやっていますか?

年中、8~9年

長いですね
来ていただいたきっかけっていうのをはじめお父さん発信ですよね?

お父さん)そうですそうです

子どもからっていうアプローチじゃなかったんですか?

全然うちは基本的にあの僕発信なので
最初きっかけはやっぱりその中学に上がっていくのに合わせて、やっぱりその走力
スプリントスキルは必要になってくるだろうなと思っていて
あんまりその足が速い子ではなかったんですが、あのポジション的にバックスをやっていたので
やっぱり将来的には必要になってくるだろうと
その走るっていう事に関しての情報っていうか知識が僕は全くなかったので
なのででもうプロにお任せしてスキルを身につけさせてあげたいなというところで伺ったのがきっかけですね

お父さんは結構前に2人から聞いたんですけど、野球

野球部です
野球部なのに、ラグビーのコーチをしてるっていう

で今実際にコーチされているということで
ラグビーの中で入ってるチームが強いじゃないですか?

はい

本当に日本でトップクラスぐらいで
あのチームでやっている中でもそのスプリントっていうのは
その中でコーチもやっているお父さんから見ても、スプリントはそのラグビー的に
ラグビー界の中で情報がない?

ないですね
野球でもないと思いますし
やっぱりそのスプリントスキルってもう
なんかこう神様が与えてくれた能力みたいなとこの価値観って、まだ日本のラグビーに限らず
スポーツ界に極々当たり前にこうあると考えたと思うんですよね
ただあのやってみて勉強してみたらなんかプラスもあるのかなっていうことで来ましたね

初めはその結構なんか「もしかしたら変わるかもしれない」っていうような、「完全にこうしたい」っていうビジョンがあったわけではなくて、なんか変わるかもしれないっていうくらいの気持ち

そうですね

最初そうですよね

今と開始時を比較してみて(兄)

で、やってみてっていうので今見てみたんだけど、1番最初の頃2人のは
最初の動画が2020年の2月だったからね、ジョウはあるんだね見てみて

4年前の自分は?走りはどうなの?

動き的には今の自分で分析すると、なんか全然腕使ってない

走りが変わったのはもちろんなんですけど
言語化をすごい2人はできるようになったなと思います
最初ジョウとやってたの本当に半年ぐらい、ずっとパーソナルみたいな感じで1対1でやらせてもらってたんですけど、そこで僕がしつこく「それは何でなの?」「どうなってんの?」「こっちにちゃんと伝えてみて」ってことを言ってたので、そこのなんか言葉にする能力っていうのが非常に高くなってきたなってのは思っていて
でそれを多分ショウも隣で見てたので、最初はこの携帯渡して「うん」って言って返すくらいだったんですけど、それがなんかこう半年くらいで「これってさ」っていうのを自分から言うようになったっていうのがだいぶ取り組み方としては変わったなーって思います

まずやっぱりメカニズムの理解ってこう、スプリントに限らずラグビーもやっぱり一緒で、やっぱり感覚でやってると最初からこう運動神経がいいっていうか能力のある子って何でもできると思うんですけど、できなくなった時に戻れないじゃないですか?

そうですね

だからやっぱりメカニズムの理解っていうか、頭の成長ってやっぱ大事ですよね
競技関係なく

年単位でジョウは何が変わった?
聞きたいのは3つあって
1.走り自体、走り方が変わりました
それから2.走りへの意識

ちょっと今言った何を気を付けているとか、俺とのコミュニケーションでこういうこと気を付けてますとか

で、最後は3.ラグビーのプレーが変わったで教えてほしいなって思います
ジョウから

まずは走りが変わったと思います
速くなったっていうのが実感できるぐらい体の使い方が上手くなったなっていうのは、上手くなれたなっていうのはあります
メカニズムとかここのステージでこうする、した方が効率いいやみたいなのはまあ結構学べたと思うし
、それがラグビーに繋がってきてこの状況の時はこう体使った方がいいなっていうのが判断できるように動くスピードっていうところに関しては結構前までの自分よりはパワーアップできたのかなと思います

今のは走り自体が変わったって話と走りの意識が変わったって話が2つ混ざってるっていうか
走りは最初の見たじゃん?
一番最初の頃のイメージとかってあると思うけど、自分の走りって今と何がその時と変わってる?

走りでは多分足だけじゃなくて、ちゃんと手も使えてるようになってると思います

最初は全然腕振れなかった
こうやって横で腕振って

ラグビーでは何か変わりました?

ラグビーではスピードもとにかく追いつくとか追いつかないとかっていうところでは、追いつける回数のほうが多くなったかな

今と開始時を比較してみて(弟)

ショウは?同じ質問で

弟:ショウ君)まず変わったところ、走りが変わったところとして最初は何か行く前は、走りはなんか全部パワーみたいな感じでなんかムキムキのやつが速いみたいな感じの印象だったけど、実はそうじゃなくて
まあもちろん足は速くなってるのもわかるけど、考え方として何かメカニズムを理解したりとか
そういうステップの段階、走り方のなんか段階で分かれてるって言うのを理解してから結構速くなった
練習するだけじゃなくてどうすると速く走れるかっていうところをちゃんと頭で理解しないとっていう

ラグビーではどう?

ラグビーではメカニズムを理解するような、理解できるような練習をしてきたからそれもラグビーでも繋がってて、こういう動きをする時にはこれがこうなってこうでって頭の中でより理解できて、それがなんかもっと上手くなったみたいな

ラグビーでやるときも同じような頭の使い方して練習できるよってことかな
じゃあ次の質問に行きたいんですけど
最初来た時はどうなればいいなっていう思いで来たかっていうのを聞きたくて
まあもっと簡単にここまで速くなると思ってた?っていう
何年も前だから覚えてないかもしんないけど、
最初来た時はどんな気持ちできた?

ここ行ってれば足速くなんのかなあって

その当初から点数つけると今の到達点は何点?
何年も続けるって言うのは思ってなかったかもしれないけれども、そこからまあ4年とかやっている中で進度で今自分が何点ですってのと、将来のプロになるっていうところまで見た時に、自分のスプリントのスキルは何点っていう
ちょっと難しいけど

最初来たときにはどこまで速くなろうっていうのは、まあ覚えてなかったですけど、最初来た時はとりあえず速くなればいいやと思ってたんで
それに関しては100点かなって思います

そこはあれだよね
逆に言うと俺への評価でもあるから嬉しい

陸上の走り方とかまだたぶんもっと奥が深いと思うんで、もし世界のトップ選手になるんだったら
まだまだ必要だからまだ30点とか40点かなと思うんですけど

ショウにも同じのを聞いてから、ちょっと別の質問っていうか、これにつながってる質問を聞きたいんだけど

入る前は全然知識がなかったから憧れの選手がなんかめっちゃ足速かったから
とりあえずそこ行けば将来ああなるのかなみたいな感じ的な感覚で入った
入った時で今何点かって言うと、結構ラグビーと陸上って違うから
だからその例えばこっからここまで思いっきりスプリントするっていう部分だったら100点だけど、
敵もいるから小刻みに踏んだりとかっていう部分もあるから、そういうのを練習していかなきゃいけないからそれも全部含めて60点ぐらい

父から見て成長した点

なるほど
お父さん的には今の自分たちの点数はどうですか?

親として通わせて一番良かったなと思ったのが、走るっていうことに対して
負けないっていうかメンタルがポジティブになってるのがすごく大きいと思いますよね
だから能力のある、あったとしてもやっぱりメンタルがそこにポジティブになれないと
力があるのに発揮できない子っているじゃないですか

ひよっちゃったりってことですね

でも走るのは負けないぞ
ただもちろんそのスピードもそうだと思うし、どうすれば速く走れるんだっていうことが
理解してると思うんで、やってなかった時からですね
なのでプレーに対してラグビーで言うと、ボール持ってランする機会が
圧倒的に増えました、チャレンジが
前だったらパスしてたのがランをするケースが増えたので、そういった部分でも
すごいよかったなっていう風に思ってます

もうちょっとあの(ラグビーの)部外者的な立場からもお話しすると、速く走れるだろうなっていう自分がイメージがあると、多分迷いもないですよね
走っていいのかなっていうのがなくなってすぐ動けると思うんで
でその0.数秒って多分

うん、大きいですね
そこが自信がついたってのはすごくいいなって思ってます

ラグビーへの良い影響面

ラグビーへの影響、試合とか練習で変わったよっていうのがあれば、プレイの面と精神面
精神面多分今さ、お父さんが言ってくれたことでさ前もちょっと話したけど、なんか変わったっていうので話したと思うんだけど、負けないだろうなっていう気持ちが2人ともついてきたっていうのは聞けて、それはまだ今でも変わらない?

うん

自分のオプションとして結構ランが上にくる
で、走って負けないだろうなっていう気持ちは強い?

うん

プレー面ではどうだろう?

追いつけるところとか追いつけたりとかがあることが、確実に増えたかなって思います

ラグビーのさ、他のチーム
千葉まで行って教えて来たって話したじゃん?
見せたらすげえ驚いてたんだよ
走ってるのを教えてる子がそうやって他のラグビー選手に憧れられてるってのはすごい嬉しいなって思ったんだけど、何かプレーで変わったってのは?

ジョウも言ってたけど、抜かれたとこをバックアップで走って止めたりとかの、足が速くなることによっていろんな世界が変わるし
だから実質自分は足速くなってからポジションも変わったから

あ、そうなの?

はい
それでも新しいポジションでいろんな景色を見れたから、足が速くなったっていう
部分に関してはすごく良かったと思います

今の新しい景色が見れたってフレーズはすごい良かったな

何人のレッスン形態が自分たちに合っているか

じゃあ続いてなんですけど、動画撮ってるじゃん?レッスンの時っていつも
その時と俺が行けなくてレッスンに混じってもらってる時があるじゃん?
同じクラスやってる子と年齢が開いちゃったからもうないとは思うんだけど
1対2で見てる時と、みんなと混じってやってる時とかで上達と言うか、わかりやすさとかに
違いがあるかっていうの聞きたくて
で何の質問かっていうとパーソナルの方が良いですかっていう質問したいの
それは形式としてどっちがいいっていう話をしたくて

断然にパーソナルの方が全然いいと思います

それはさ、何が変わる?

やっぱマンツーマンで見てもらえるから。全部を見てくれてるからビデオとかも一緒に見れたり、相談する回数の方がパーソナルは多いと思って

パーソナルの方が全然いいと思う
年上の人はと一緒にやってたら話は別かもしんないけど
いろんな人とやって結構グループとかでやってるとなんかその別の人の意見とか言ってる時に見てもらえなかったりとか、その人が一緒に聞いてる時にその人のなんか捉え方でそうやってコーチに話すから、自分があんまり理解できなかったりとか、いろんな意見が飛び交うからパーソナルに関しては
自分の意見を言ってその自分が言った意見に対して自分が最も欲しい回答をしてくれるから
それで結構自分のためになってる

ケースバイケースで2人はさ、もうある程度のレベルで一緒に走ってる感じじゃん?
レッスンを通してさ俺がジョギングで伴走してるような
だから対話が成り立つし、こここうしたいって
自分たちでラグビー上手くなりたい、だから足速くなりたいって気持ちが強いからそこはあると思うんだけど
でももっと下の子とかだと、逆に1対1だと圧迫感があってやだって
まあそこまでの子どもで言葉はそこまで出てこないんだけど
やっぱちょっと大変そうってのがあるから、そこはね、ほんと人それぞれだと思う
でも2人はそうやって思うってのは逆にちゃんと対話ができて、同じレベルの話と思考ができてて
いいなって思いますね

レッスン時以外での陸アカのサポートについて

あんまりレッスンを見られる機会はないと思うんですけど、そのレッスンを見てるお父さん
実際スポーツを指導してるお父さんからのレッスンのと視点
対面でない時のやり取り結構多いじゃないですか?
まあそこに対してなんかこう思うんですっていうのがあればちょっとお聞きしたいなってのが

心配なのでお願いはするものの、疑うわけではないですども、大丈夫かな?って最初のうちは
これ僕自身もゴルフずっとやっててパーソナルトレーナーって言うか、プロとレッスンをしてたりとか
その1対1でやり取りをしてた経験を踏まえてどんな人なのか、どんなコーチングをするのかなっていうのが最初に気になったので最初見てたんですけど、内川さんはちゃんとその感覚ではなくて、言語化して伝えられるし、受け手側にも考えさせる形を取るコーチングをしてたので、「あ、もう大丈夫かな」って、「見る必要ないかな」って見に来なくなった
一番大きな理由っていうのは、結果として足が速くなった

なるほど

コーチングもいいし、結果も出たので、あとはお任せする以外は選択肢はないと思ってもう見に行かなくなりましたね

入口と出口があってれば中はどうでもいい
まあどうでもって言っちゃあれですけど

やってる中でうまく伝わる時もあれば伝わらない時もあるし、こっちが思ってる以上の答えを出してくれる時もあったりするじゃないですか?
仰る通りその入口から出口が結果が出てたので、ごちゃごちゃ言うことなくお任せしようと

中3、中1時点での将来の夢

じゃあ今度2人に将来どうなりたいっていうのはある?

将来はプロにはなりたい

っていうのがさ、中3までいってスポーツのプロになりたいって言い切れる人ってそんなに多くないじゃん?
俺も実際自分で現役の頃、陸上選手で飯食えるとは思ってなかったし
だからそこを言い切れるのはすごいと思う
それはさ、いつから思っていてブレる時はなかったの?

最初ラグビー始めた頃は全然ラグビー大嫌いだったんですけど、まあでも徐々に好きになって
プロになりたいっていうかプロでやりたいなっていうのが1番強かったから

それいいね、ゴールじゃなくてそっからじゃん?
なって終わってもしょうがないもんね

ここでやりたいなっていうのが1番でかかったです

ここでやりたいなって思ったのはきっかけは何?

自分の想像を超えてきたから

試合を見てってこと?プロの試合
それはリアルで?映像で?

映像で

いつ頃ぐらいから思ってた?

中学生入ってから

それまで小学生の時も一緒にやってたじゃん?
その時もプロにはなりたかったけど、中学でそれを見てよりなりたいっていう気持ちが強くなったってイメージ?

はい、小学校の頃はあんま考えてなかったです

そうだよね
あれいつだっけ?もう3年越しくらいでしょ?

ニュージーランドに行く

留学を見据えたインターナショナルスクールという選択ではない

これっていつから、その教育なんでプランがあるじゃないですか?
どういうあれで決まってたんですか?
決まってたというか決めたんですか?

元々その何て言うんですか
インターナショナルスクールに行ってたので、国内の学校ってよりは海外も踏まえた
国内の学校
国内の学校だけっていうのじゃなくてっていうのと妻と話をしてて、ラグビーをやるって
子ども達が言うんで、プロになりたいって
で、ニュージーランド行きたいって言うんで、あんまり僕も考えなかったしね
じゃあその夢に乗っかろうみたいな
子どもの夢は親の夢だ、じゃないですけど
あんまりこう思い切ったことをしてるって印象はないですね

親としてインターに入れた、入った理由きっかけはなんですか?
単純に僕が気になるなっていうので

前に駒沢公園のすぐ近くに住んでたんです
今こっちにもう引っ越したんですけど
で一番近い幼稚園って言うか学校がインターの幼稚園だったんです

じゃあ幼稚園からなんですか?

そうです
そこに入ってて、で小学校受験っていうかがあって
ジョウのその友達がみんなはその普通ですよね?
インターの幼稚園行ってるんでインター受けるってのが普通なんで
で受けるって言うからじゃあ受けてみよっかと
今だからいますけど親としては難しいんじゃないの?と思ってたんですけど
合格しちゃったんで、じゃあ行こうかと
そこでお金の工面が始まったっていう(笑)

でその流れで(ショウも)っていう

そうです
本人がやっぱり日本の学校って多分全く考えてないと思うんで

そうなの?自分的に進学先として日本の高校ってのは

あんま考えてない

ショウはいつから?
どうなりたい?
一緒に行くじゃん?ついてくじゃん(ニュージーランド)

まあちょっと遅れていく
でも結局は世界一になりたいです

チームがってこと?自分が?

自分がっす
正直前も言ったけどなんか自分は入る前に全く足に走ることに関して知識がなかったから、どうなんのかなみたいな感じだったけど
入って足が速くなることによってプレイも変わったから、その夢に対しての考え方っていうか
がもうより一層強くなった

こういう能力を身につけたいから今その目的があったじゃん?
でゴールがあったじゃん?
それにもためにもこういう能力を身につけたいってっていうのがあると思うので、それを教えてほしい

足は全然今よりは速くなんないといけないなっていうのがある
陸上の中でも決して劣らないぐらい

陸上選手としてでもっていうことね

それが理想ですね、まあだから速く走ること

ショウは?

理想としては何でもできるような選手になりたい
でなんかまあキックとかパスとか上手いけど、実はなんか足もめっちゃ速いみたいな
ような選手になってたいし
例えると室伏広治みたいな
10秒台で走るじゃないですか?
そんな感じで何でもできるって言うか、ような選手になりたい

なるほど
そのためには身体能力を上げないといけないしっていうことだよね

令和のアスリートで室伏広治が出てくる時点でちょっとあのマイナーな路線だよね(笑)

いや、すごいと思う
超人なんで

室伏を知ってること自体がすごいよね

あとお父さんにいくつか
こんな部分がうちの子向いてるって、向いてると思ったっていうのってありますか?

内川さんところに来てジョウはあの走るって事に対して、僕の意見よりも内川さんの意見の方が優先なので
で多分子どもと内川さんとの信頼関係があるんだろうなっていう風に俺は感じられたので、ショウもそうだし
なのでそこは相性もあるかと思うんですけど

2人ともそれこそずっとインターなんで結構その考え方とかも、向こう寄りじゃないですか?
物怖じせず僕に対してどんどん意見くれるんで
なんかそこはやっぱ見てると、上手になりたいって言って自分の考え方を持っている子ほどそっち寄りなんですね
そうすると言ったことに対して同じ壁打ちしてる感覚で返ってくるんでいいんですけど、そこがちょっと弱い子だと僕の方が強くなっちゃう
そこは全然引かないので2人
そこすごく良いなっていうか

陸アカの走る以外を取り入れたレッスンについて

であと、陸アカの練習って走り以外もやるじゃないですか?
で、たぶん他のかけっこ教室、まあちょっと多分見られたと思うんですけど、走り以外ほとんどやらないんですよ
それこそジャベボール投げたり、ちょっと重いボール下から投げてみたり、あとその立ち五段とかやるじゃん?
そういうのが何か他に活きてるな
まあラグビーでももちろん、活きてるなっていうのがあればちょっと

まあでも1番は前言っていただいた走りとかステップとかってほとんどラグビースクールとかでやってなくて、ノータッチで変わったのでこれは完全に陸アカに来て良かったですって言っていただけたのは、あれは僕の中でも結構自信になっていて
元々全然ラグビー知らない人間なんで、それで「今まで通り僕がやってきたことをそのままやると結果は出るんだ、だったら他にも展開していこうかな」っていう気にはなったんですよ
あれはかなり僕の中でぐらっときた言葉ですね

でも今思うとですよ
ちょっと話がずれちゃうかもしれないですけどこの間LINEでやり取りさせてもらったんですけど、やっぱり走りが速くなったのと、今思うと並行してキック力が上がってきてると思うし
あのジョウもショウもそうだと思うし、ほんとここ最近思うのは走りを学ぶのって体の使い方を学んでいくっていうことにも繋がると思うんで、走るだけじゃなくてキックも良くなるし、コンタクトも良くなるんですよね
ぶつかる時も結局体の使い方が分からずに、どんなに体が大きくても体をちゃんと使えてないと
エネルギーをぶつけられないんで
だからもう全てのラグビーにおいてコンタクトを含めた全部に通じる部分っていうか
だからもうやっぱり本当その走りという、もっと言うと歩きだったりとか立ち方だったりとかっていう
踵、母指球、小指球のところ
しっかり乗るっていうことを今思うとトレーニングさせてもらったのかなって

あれ丁度僕も先週ぐらいに記事にしたら、僕の頭の中でもなかなか整理できてなくて
体験で内股の子っていうのでやってたので、多分今ゼロからその立ち方ってところを教えたらもっと早かったと思うんですけど、結果的に同じ所に辿りつけたなと思うんで

(兄弟に向けての解説)
で何話してたかっていうと、あとでお父さんに見せてもらってほしいんだけど、2人だったら普通に記事読めると思うけど
あの内股の子が結構いるの今
で、内股の子って内股だから足が悪いのかなとか思うと、足を出す時に2人さ足の着き方俺教えたの覚えてる?
どっから着くとか
踵の外側着いて、小指球着いて、母指球で押すじゃん?
それを小指球飛ばしていきなりこう入ってくるから内股になっちゃうんだよって話なんだよ
でもそれってもう同じようなこと伝えて出来てるじゃん?
だからそれで地面を押せるようになってまあキックとかコンタクトっていうところが良くなったんじゃないか?っていう今話をしてる

走らせるだけじゃないっていうのが、他の所にも意外と役に立っているんだっていうのが

意外とじゃなくてめちゃめちゃ役に立ってると思いますね

僕が言っててもあんま説得力がないので、本人が言ってるだけなので、それを言っていただけてるのがすごく嬉しいですね

走るのと本当にキックは良くなりましたね
ラグビーってあとパスとフォーメーションとっていう

なんで結構見てる子、サッカーが多いんですけど
サッカーよりもラグビーの方が走るスキルがより被る部分、フォローできる部分が多いな
っていうのは思っているところですね

ラグビーの方が投げる、蹴る、走る、当たるがあるんで
サッカーよりもよっぽどラグビーの方が汎用性が高いと思いますね

ラグビー選手として全国区に活躍している2人から、足が遅くて悩んでいる小学生へ

じゃあ2人に最後サッカーとかラグビーとか野球とかバスケ、テニスとか、他のいろいろな種目やってる子に対して、もうちょっと速く走れたらいいなと思ってる小学生に、「こういうところが良いです」
「私達変わりました」

「陸アカが来るとこんな感じでいいよ」って

陸アカにただ来てるだけでも、来ることをおすすめするんですけど
ただ来てるだけでも、来てちゃんと自分で頭で理解しないといけないから
自分で考えてやりたい子にはおすすめします

結構コーチは質問とかする時に自分で考えなきゃいけないような質問をするから、自分で考えて
それを頭の中で理解して、でもうそれを一生、その質問されたらなんかもう一生覚えてるみたいな感じだから、そういう質問とことかからでもメカニズムとかは理解できるから、そこがいいところかなって思います
より結構理解が深まる、走りに関して

今言ってた母指球、小指球の話も多分半年以上前にしたと思うけど、ちゃんと覚えてたじゃん?
そういうところは身にもなってるし頭でも残ってるっていうところが、すごく良いなって思います

全国トップレベルのラグビースクールコーチが胸を張って陸アカをオススメ!

入られるきっかけというかそれぞれあると思うんですが
運動会で速く走りたい、とかっていう人もいると思いますし
うちの場合は別のスポーツ、他競技をやっていて、走りって所に考えた時に勉強するって言う意味で
参加させてもらったんですけど、同じような他競技をやってて走ることに関して学びたいなというか、
後もうちょっと足速くしたいなっていう親御さんがいるのであれば、本当に是非やった方がいいと思います
さっきもこう重複しちゃうんですけど、ただ走るっていうだけじゃなくて体の使い方、結局陸上って自分の体だけでスピード、自分の出力を上げていくっていう競技なので、それってボールを使っても結構パスする時もどう出力するのかっていうところは一緒なので、すごく汎用性が高い
今4年お世話になってみて思うのは、本当にそう思うんで
よっぽどそのなんかラグビーアカデミーとか行ってパス覚えてくるよりは、まず本当に最初に
低学年の、低学年までいかないしも中学年くらいですかね
3年生4年生ぐらいの時から始めて、まあわかんなくても続けてると多分分かるようになると思うんで、高学年、中学生ってなっていくと理解も深まっていく形になると思うんで
僕は是非その同じような親御さんにオススメしたいですね

留学までの話

ありがとうございます
次が全国でしたっけ?

ジョウは次は全国なんですけども、全国に行く
全国出場は決まってちょっと間が空いちゃうんです
秋になっちゃうんで、まあそこまでと
今度来週かな、神奈川選抜の試合があって、そこに出させてもらうかどうか
出れるかどうか

県の中の何人かが選ばれてってことですね

県の中でセレクトされた1チーム作ってっていうのがあって、そこに入れるかどうか
スクールとまた別に県の選抜があって、全国大会があるんですよ
だから2つあるんです中学生って

そこにはあれですよね
クラブチームは出れない?

クラブチームは出れないです
ただクラブチームとかちょっと細かくなっちゃうかもしれないですけど、神奈川県だと全スクール
神奈川の中の全スクールの中で一貫指導っていう、みんながそこに集まる練習会があるんです

結構な人数じゃ?

結構な人数です
でもそこって3年生にもなるとそれなりの子しか来ない
俺が俺がってやつばっかりこう来て、そこでセレクトされて全国大会に行って、例えば東京都代表
東京都選抜だったりとか千葉選抜みたいな感じで
国体とかに近い感じかもしれないですね
そこに出れるかどうかっていうところで終わって、7月の終わりにニュージーランドに行きます

ショウは今どこまで進んでるんですか?

チーム自体は、チーム一緒で今中1でショウもこれからどうすんのか
「ニュージーランドに行きたい」とは言ってますが、太陽生命カップってジョウが全国大会を決めたところにも出たいって言ってるし、選抜のところも出たいって言ってるし
だからこれからまあ要相談ですね
お金も含めて要相談(笑)

なのでこの間ちょっと話して、まあそこで(ジョウはニュージーランド)行くじゃないですか?
そしたらもうそのままとんとんといけばそのままプロになるんで、「まあじゃあもうこれで会うの最後か」って話ををちょっとしてて(笑)

いやいやそんなことないよね、帰ってきてね
あの陸アカに「内川さん帰ってきました」って

でもほんとに顔見せに来てくれるんでしょ?
「そりゃもちろん」っていうことを言ってたので楽しみにしてます

走るのおかしくなったら動画撮って内川さんに送ればいい
「ちょっとなんかおかしいんだけど」って

1発でわかるよもう
だいぶ話してるから

分かりました

ぶっちゃけ内川コーチどんな人?

そしたら僕からは以上なんですけど
ちょっと交代させていただいてお聞きさせていただきたいと思っているんですが…

[毎度恒例のインタビュアー交代]

私あの元々木曜日担当だったんであんまり接点はなかったけど
最近ちょっと見させてもらう感じで

早速本題に入るんですけど内川コーチの人柄についてちょっとお聞きしたいなと思って
で、ちょっとコーチには外れてもらってるんですけど

じゃあこれは言いたいこと言ってもいいんですか?

全然なんでも(笑)
ショウ君から行きますか、内川さんどんな人?

内川さんはとにかく優しい
結構振り返ってみれば一回も怒られたことがない

そうやね
あんまり人に怒ったりとか、他の生徒に対しても怒ったりっていうのは
結構優しいっていうか、自由にその子のやり方で合わせてやってくれるっていうのはありますね

何しても怒られないっていうか、ある程度自由なことをしても怒られないくらい優しい

遊んでても怒られない?

遊んでたら怒る

怒るの?
何ていう?

まあ怒るっていうか「そろそろやれよ」みたいな
切り替えろって

結構さ、練習してたりしても全然自分とさより歳が離れてる子とかいるやん?
小学1年生の子とかおるし
その子たちがさ遊んでたりしててもさ、そういう怒ってる姿とか見たことありますか?

まあ結構ひどかった時はあります
あるけどそんなに別に怒ったりは

そうよな
なんか直接これしなさいあれしなさいって怒るんじゃなくて
まあその子達に対しても「今日はじゃあもうやらないならいいよ」みたいな
「じゃあその辺で草で遊んで来てもいいよ」みたいな感じで子どもたちが興味ちゃんと持って、練習取り組んでくれるみたいな形ですごいやってくれるので、子ども達は積極的にやりたいなっていう意欲を出してくれるのはそこなんかなっていうのは思ったりします

なるほど
ジョウ、どう?内川さんは

内川さんはまず

内川さん変わってるでしょ?(笑)

変わってます

個性の塊だよね
ごめんねこれ誘導尋問してるわ(笑)
僕先言ってもいいですか?

はい、全然大丈夫です(笑)

あのほんと変わってるなって言うのをね、で接してみてやり取りしてみて思ったのは
彼はね、陸上のね職人なんですよ
職人ってねちょっとイメージがこう昭和チックなイメージになりますけど
だからもうこだわりが強いというか、あんまり簡単にこう理論とかって取り入れないと思います

でもいろんな情報があって「内川さんこれどう思いますか?」ってLINEしたりとかするんですけど、
そしたらそれ結構「あ、それ知ってます」と
彼のいいところは知らないのは「あ、知らないです」って言うんですよ
これって学びの姿勢で最も大事なことなんですね
コーチなんで知ってるよって言わなければいけないみたいなとこあるじゃないですか

知ったかぶるじゃないですけど

でも知らないものを知らないと言う
でそれをすごい研究するんですよね
だから彼はなんか僕の中では職人です、職人さん
陸上の走ることに対しての職人さんですね

個性が強いというか、そこに対しての努力度がすごい

そうそう

陸上に対しての

オタク(笑)

そうですね、言い方変えるとオタク(笑)

あんまりこう(動画に)入れられないかもしれないですけど、陸上変態(笑)
どう?内川さん

最後ジョウ君

内川さんは変わってる人だと思うんですけど、目的に対してはちゃんと良い方向に導いてくれる
答えは教えてくれないけど、ちゃんとそこになんか自分の行く方向がずれたらちゃんと直してくれるって言うか
あと自分を育ててくれる人です

自分が内川さんと関わって逆にさっき競技力のことみたいなこと話してたけど、内面的に性格的にとか
色々こういう考え方は変わったなみたいなのはありますか?
内川さんに影響されてとかじゃないですけど

頭の回転は人と話すとき速くなったと思います

あの人自身もめっちゃ頭の回転、頭いい方じゃないですか
すごい話しててもわからなかったわからないですし、わかったらこういうことわかりましたってちゃんと言えばそれに対して答えを言ってくれるしっていうので、話しててはっきりしてはる方なので、子ども達もそういう部分が意見言いやすかったりするのかなとか思いますね

いやいやいや、とはならないの?

いや、まあでも実際そうだから

じゃあこれぐらいで!

編集後記

日本トップレベル、更には日本を飛び出して世界で戦う決意をしている環境でも速く走るためのメソッドは存在していない。
それを獲得するためには自分で動かなければならないということが非常によく分かるインタビューでした。

逆に他の選手やチームが取り組んでいない分、走り方から始まる身体の使い方を習得することは、ランだけではなく、キックやタックル全てのラグビーの強さに繋がるということが、実際に日本トップレベルのチームのコーチに断言されると、こちらとしても胸を張ってラグビー選手に陸上アカデミアをオススメできる根拠になります。

丁度昨日、3年生でアメフトを行っている子のお母様からも全国大会で優勝した&初0~20ヤードタッチダウンを奪えた!とご報告が来たので、サッカーもそうですが、ラグビー、アメフト選手こそ足を速くして、ランでフィールドをねじ伏せる感覚を手に入れていただきたいと思います。

日本トップレベルのジュニアラグビー選手も通っている陸上アカデミアの体験レッスンはこちら!

 

今まで2000時間以上のレッスンを経て陸上アカデミアが培ってきた、小学生が速く走るためのノウハウの上澄み5%をぎゅぎゅっと凝縮して、極めて即効性のある動画を作成したので無料でお配りします。

子供が速く走る方法を探しているけど、よくわからない」と悩んでいませんか?

本動画は弊社がこれまで250名以上の小学生に走り方を指導してきた結果

・たった半年50mクラスビリ→学年トップ
全国20人
しか選ばれないサッカー南米強豪チームのユースに合格
日本で一番強いラグビースクールトライ連発取材される
徒競走で2位を10m以上
離し、「どんな習い事しているんですか?」と保護者が呼び出される

などの実績を出した、普通のかけっこ教室の先生も知らない具体的に走りを速くするためのスタートのコツを全125分の動画に渡って詳細に解説しています。

更にそのまますぐに練習に入れるように、全編の書き起こしPDFもお届けします。

完全無料で手に入れられますので、是非運動会他のスポーツで活躍するためにお役立てください。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©陸上アカデミアブログ,2022All Rights Reserved.